スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢酔独言」25

というわけで、久し振りのカテゴリ。

明日はもう一記事と、「世界樹の樹士」の一章くらいはUPしたいもんですが。


       喧嘩の師匠源兵衛

42 自分の従兄弟には新太郎と忠次郎という兄弟がいて、ある日そこへ遊びにいき、一日いろいろの話をしていると、そこの用人で源兵衛という剣術遣いが「お前さんはいろいろと暴れているようですが、喧嘩をしたことはおありですか。喧嘩は肝が据わってなければできません」というので、「喧嘩は大好きで、小さい頃から度々した。面白いものだ」と返したら、「そうですか。明後日は蔵前の八幡のお祭りがあって一喧嘩やるでしょうから、お前さんも来て一勝負やったらどうか」というので、いく約束をして帰った。
 当日の夕方、番場の男谷のところへいくと兄弟も待っていて、「よく来た。今、源兵衛が風呂に行ってるから、帰ってきたら出掛けよう」と支度をしているところへ源兵衛が戻ってきた。手筈を相談しながら八幡に着いたが、どうもつまらない奴らばかりで相手がいない。八幡に入ると、向こうから骨のありそうな奴が二・三人で鼻歌を歌いながらやってきた。まず一番に忠次郎がそいつらの一人に唾を吐きかけると、そいつが怒って下駄で殴りかかってきたので、自分が握り拳で横っ面を殴ってやった。すると残りの奴らが総掛かりできたので、目暗滅法に殴ってやったら皆逃げていった。それから八幡に入ってぶらぶらしていると、二十人ばかりが長鳶(鉤の付いた道具)を持ってやってきた。
「なんだ」と思っていると、うちの一人がこちらを見つけ「あの野郎だ」とこちら四人を取り囲んだので、刀を抜いて切り払った。源兵衛が「早く門の外に出ろ。門を閉められると逃げ場が無くなる」と大声で言うので、四人並んで切り立て門の外に出ると、相手の加勢らしい連中が三十人ほど鳶口を持ってやってきた。並木の入り口、砂場蕎麦の格子を背に、五十人ばかりを相手に死に物狂いで叩きあった。
 四・五人に傷を負わせると連中が少し怯んだので、勢いに乗って切り散らし、鳶口を十本ほど叩き落とした。するとまた連中の加勢が、今度は梯子を持ってきた。
 すると源兵衛が「もうどうにもならないから三人は吉原に逃げろ。後は自分が切り払って帰るから、早く行け」と言うのだが、三人とも源兵衛を一人で置いては行けず「四人で打って出て、一緒に逃げよう」と言ったのだが、「お前さんたちに怪我があってはいけない。早く逃げろ」と言って聞かないので、源兵衛のものより長い自分の刀を渡してから四人同時に飛び込むと、連中はバラバラと少し引っ込んだので、その隙に逃げ出した。ようよう浅草の雷門で落ち合い吉原に向かったが、途中で源兵衛のことが気になり、迎えに行った後番屋で飯を食おうと思っていたら、源兵衛は先にうちへ戻って玄関で酒を飲んでいたので、三人とも安心した。
 それから源兵衛と一緒に、また八幡の前まで行ってみると大勢人が立っているので、旅籠町の自身番へ事情を聞きにいくと「八幡で大喧嘩があって、小揚の者が殴られたのが始まりで、小揚の者が二・三十人と蔵前の仕事士が三十人がかりで相手を捕まえようと大騒ぎになったが、結局一人も捕まえられずに逃がしてしまったそうだ。その上こちらは十八人も怪我人が出て、今医者が傷を縫っているところだ」ということなので、四人とも家に帰り、自分も亀沢町に帰ったが、あんな大変なことはなかったよ。
43 刀は侍にとって大切なものだから、よくよく気をつけるものだ。自分の刀は関の兼年だが、源兵衛に貸したこの時、鍔元から三寸上のところで折れた。これから刀の目利きを学びだした。
 この年、兄について信州に行ったが、十一月の末には江戸に帰ってきた。
 源兵衛を師匠に喧嘩の稽古を毎日して、かなり強くなった。暮れの十七日に浅草へまた四人で行ったが、その時も大喧嘩をした。その際に忠次郎が肩を切られたが、厚着をしていたので身までは切られなかったものの、着物は襦袢まで切れていた。
 その晩は気づかずに寝たが、翌朝切れた着物を女が見つけ、忠次郎の父親に知らせてしまった。自分も呼ばれて番屋にいくと、忠之丞が三人を並べていろいろと意見を言ってくれていた。それから「以後は喧嘩をしない」という書き付けをとられた。この忠之丞という人は至って善人だが「聖人のようだ」と親戚みんなが怖がった人だ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。