スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「書けない」ということ

自分もそういう時期があって

今でも以前よりひどくはないだけで、そういう状態になることがままあります

それなりに長くそれと付き合ってきて、はっきりと解ったのは

「書けない」=「書かない」だけだということです。

まあ、自分勝手な思い込みと生兵法から学んだことなので

一般論ではないですが。



あくまで自分の勝手な思い込みと分析です。

とまあ記事を立てはいいのですが、あんまり書くこと無いかなぁと思ったり(^_^;)

これについて語るのは不毛この上ないと感じているからというのがありますし

書かなきゃいいじゃん、誰も頼んでないんだから

というのが正直なところですね。

それでも、書かずにいられないなら黙って書けばいいことですし

こうしてわざわざ記事にして、語る必要も無いんですよねw

ただ、オンラインでなにかしら書いている方々も

そういう類の発言をしているのをまま見かけますので

こういう奴もいるよ、ということで一くさり語ろうかと。


自分の場合、原因は「怠慢」「惰弱」が一番デカいでしょうか。

身も蓋もない話をすれば「今忙しくて書けないなら、暇になっても書けないよな」

ってことなんですが、要は「言い訳するのは余裕がある証拠」

なんですね、自分の場合。

本当に「書きたい! いや、書く!」となれば

万難を排して書くのが当たり前なんですよね、本当は。

かつて志茂田景樹さんは工事現場で働きながら、少しでも空いた時間があれば

ドラム缶の上に原稿用紙を広げて書いていたそうです。

もちろん人それぞれですから、無理がないように、空いた時間で細々と楽しむのもありです。

ただ自分はそうじゃないと思うので、自分はまだまだ甘い、と痛感してしまうんですね。

作家さんの中には、書いてる最中はハイテンションで書き上げるが

書き上がったものを後で見直すと恥ずかしくなる、という方がおられますが

自分はそれの逆で、書いてる最中は「これじゃ駄目だろ」「もっといい書き方があるだろ」

と苦虫を噛み潰しながら書いていますが、書き上がった物をしばらくしてから見ると

それなりに妥協できるものになっていることが多いです。

これは、書き上げてしまえば、もう次のことを考えているからという理由もあるかと思いますが。

と言ってる自分自身はプロでもなんでもないのでw、前者の方がプロ向きの性質かもしれません。

そういうわけで、自分にとって執筆作業自体はそれなりに苦痛だから

そこから逃げてる部分は確実にありますね。


とりあえず、パソコンの前に座って作業を始めれば、かなりの速度で進めるのですが

その「自分をパソコンの前に座らせる」のが一苦労だったりします(^_^;)

いまのところ一番の薬は「毎日、一文字でもいいから書くこと」のようです。

一日休めば、その分怠けたい・逃げたい自分が大きくなるようで

間を空ければ空けるほど、自乗で大きくなっていきますねw

そこまでしてやらなくてもいいじゃん、と思わなくはないですよね。

なのに、なんでやり続けるのかといえば、多分、やっぱり書くことが好きなんでしょうね(^_^;)

話を完成させると、こう…表現のしようのない喜びがあります。

これは多分、一度でも話をきちんと終わらせたことのある人なら感じられると思います。

どんな形にせよ自分で考えた話を自分の手で完結させる

という行程は想像以上に重要なのではないかと思います。

昔は「この話を書き上げたら次の話を思いつくだろうか」

という傲慢かつアホなことを考えたもんですが

単なる考えすぎだというのも、書き上げてしまえば解ることでしたねw

手に入れるには、まず手を空けなければいけないってことで。

なんだか論旨がズレたような気もしますがw、とりあえず今回はここまでで書き逃げます(^_^;)。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。