スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「護りの刃」

「護りの刃」 二章・信頼と災禍と UPしました!

体調不良も手伝って色々押してますが、とりあえずなんとか二章。

なぜか上のリンクで飛ぶと二章が表示されない?ので

表示されない場合、お手数ですが、飛んだ先で一度本棚に戻ってもう一回入るか

ブログのリンクのリストから文庫の方へ跳んでみて下さい。


以下、書き始めの頃友人に送った予告編wが出てきたので載せます。

一応ネタバレ注意?
異世界からの侵略戦争が終結し、発展途上の第二央都。

心の傷を抱え酒に溺れる男は、一人の少女と出会う。

「よろしくね、クマさん!」

少女とのふれあいの中、少しづつ痛みを薄れさせていく男だったが、やがて運命の歯車が回り始める。

「貴方はよくやってくれたわ。でも、貴方が目の前にいると、責めずにいられないの……」

陰謀に翻弄される少女の運命は?

「オレは失敗した。……あんたは上手くやれるかもな」

傷だらけの身体で僅かな希望を追う男は、果たしてたどり着けるのか?

「なんでそこまでするの? あなた命が惜しくないの?」

孤独な戦いの果てに待つのは絶望か、それとも。

「オレは、お前に受け入れてもらえるだろうか……」

蒼天に響く銃声。

「クマさぁんっ?!」

その銃弾は、断罪か、それとも赦しか。

次作〝護りの刃〟

時の歯車は戻ることがない。

だが、人の後悔は?

「わたしを守ってね。クマさん……」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。