スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語中に含まれる「毒」について

「物語に必要な毒の部分」というのを意識した、というか知ったのは

某ロボットアニメOVAのブックレット内、同作監督のインタビューだったと思います。

なんのことを言っているかと言えば

ある場面を活かすために、故意に受け手が不快に感じる場面を用意する

という感じになるでしょうか(あくまで自分の解釈です)。

最近「ああ、なるほどな」と思ったことがあったので、それについて。

ちょっと長くなると思うので以下追記。

ちなみに18禁ゲームをネタとして語るので、一応閲覧注意。

内容は特に18禁ではないと思いますが(^_^;)
パソコンを買って以来、昔友達の家に入り浸ってやったりしていた18禁ゲームをちょこちょこやってます。

と言っても、アリスソフトという老舗のソフトしかやってないのですがw

「ゲームとしても遊べるエロゲーってなんかない?」と友人に訊いたら、最初に上がったメーカーさんで

確かにプレイしてみると、丁寧な作り&やりこみ要素のある作品が多くあり、かなり熱中することがあります。

その中でもやり込み要素が強く、ゲームとしても相当面白いものに

「地域制圧型シュミレーション」シリーズがあり、その中の「大番長」というゲームをやった時の事です

そのゲームをやっていく過程で、お気に入りのユニット(当然女の子)ができ、熱心に育てていたのですが

ある時失敗してそのユニットがやられてしまいました。

「あーリセットしないとなー」とか思ってたら、なんかシーンが続きます。

なんだろ? と思いながらマウスクリックで進めると

お気に入りキャラの陵辱シーンが始まりました

「ひょえええぇえぇぇ!!」

いや、いい年こいて叫びましたよ、ホント。

どうもそういうパターンでお楽しみ(自分はトラウマもんでしたが)シーンがあるのは

そのキャラだけだったようですが、よりによって……。

後に、メーカー的な方向性で割りにそういうシーンが含まれる作品が多いのがわかりました。

まあ18禁ゲームなんだから、そういうこともあるだろーくらいに納得したのですが

その後同メーカーの別作品をプレイ中

主人公の友人カップルが、チンピラに絡まれてピンチというシーンがあり

その際にびっくりするくらいの緊迫感に襲われている自分に気付きました。

なんだこれ? と思いよく考えてみたら

「友人カップルがシャレにならん酷い目にあう可能性が確実にある」

からなのだと解りました。

自分は物語と現実の区別が頻繁に曖昧になる痛い人

なので尚更だと思いますがw明らかに「大番長」でのお気に入りキャラの顛末が影響を与えていますね。

「女の子連れでチンピラに絡まれる」という場面自体、使い古されたものですが

使い古されているということは、頻繁に目にするということで

頻繁に目にするということは、それに対して耐性ができてしまうということです。

自分の場合は「大番長」でその感覚がリセットされたお陰で、つづく「よくあるシーン」で

本来味わう緊迫感を正しく受け取ったと言えます。

つまり体験した「毒」により安心感を壊されたということだと思われます。

簡単に言うなら塩をすり込む場所に予め傷を付けておく

というのが、物語における「毒」の役割なのではないかと。

一つのストーリーラインの中に置き換えるとすると、やはり「大番長」が元ネタですが

「死んでしまった旦那と残された幼い娘の為に、どれだけ穢されても屈服せずに戦い続ける女」

というキャラがいます。

彼女の「穢され」具合が酷ければ酷いほど

「屈服しない強さ」と「旦那と娘に対する愛情」が強く輝くわけで

さらにそれらを見た後に見せる、ちょっとした弱さが二重三重に引き立つわけです。

これはネガティブなネタにも、ポジティブなネタにも使えるでしょう。

この「毒」の部分の使い方は重要だよな、と最近は特に強く考えています。


……とここまで書いておいて

「スイカには塩かけろってことだよね?」

という身も蓋もない説明を思いついたあげく

「簡単なことを難しく言うのはアホの証拠だよな」

という自虐に辿り着いたのは内緒です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは、
コミュの「学生時代……戻りたくないです」発言にものすごく共感するあまりお邪魔しました。

登場人物が悲しい思いをするシーンを作る前に、彼なり彼女なりを幸せの絶頂まで引き上げてから、一気に叩き落とすってヤツでしょうか?
アレ、ちょっと違うのかな。スイマセン。

re:真守さま

こちらでは初めまして。
なんとなく「あの頃に戻りたい」という感覚が今を否定してるような感じがするので、そう思うんですね。その頃の体験が今に直結してる実感もありますし。
黒歴史をまた体験するのも嫌ですしね(爆)

大体合ってますw
「一気に叩き落とす」が「毒」の部分で、その後の展開が平凡なオチであっても、その「毒」次第でオチの味わいを変えられるんじゃないか、という話ですね。

ブログの方、拝見させて頂きました。
自分も生まれて初めて書いた短編を「陳腐」の一言で斬って捨てられた経験があります(^_^;)
プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。