スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーの話なぞ

ちょいちょいTwitterで呟いたり、ブログにちょろっと書いたりしてたんですが

自分は自家焙煎などやりつつ、コーヒーを楽しんでいたりします。

新しい豆が届いたので、ちょっとその辺触れてみましょう。

コーヒー 002

自分は「発明工房」さんというHPから生豆を注文しています。

一応今まで30銘柄延べ百キロ位の生豆を焙煎したと思いますが

こちらで扱っている豆が、値段・質ともにコストパフォーマンスがいいので

現在は、ほとんどこちらから購入しています。

ちなみに今回は7銘柄×一㎏です。

コーヒー 005

ビニール袋から容器に移す時に、少しづつお盆にあけてハンドピック作業をします。

欠けたり虫食いがある豆や、銘柄によっては混じってる小石を取り除く作業ですね。

今回画像で上げているのはニカラグアの豆で、最近ラインナップされたものらしく

欠損豆が異常に少なく特に良い豆でした。

「発明工房」さんで扱っている豆は全般的に質が高いと思いますが

あえて難を言えばスクリーンが少しだけ甘い(豆のサイズが揃ってないという意味です)感じですが

多分普通の豆屋さんで買ったら、倍くらいの値段を取られるんじゃないかと個人的には思います。

あまりサイズが違う豆は欠損が無くてもこの時点で弾きますが、なんでこの作業が必要かと言うと

サイズが大きく違ったり欠損していたりする豆が混じると、焙煎の時にムラになりますし

虫食いや腐食した豆が混じると、もっと直接的に味が落ちるからですね。

こういう細かい作業が、積み重なると大きな味の差になったりするのですよ(^_^)

自分一人だったらここまでしようとは思わなかったでしょうが

※ここから回想に入ります。興味の無い方はトバして下さいw

そもそもなんで自家焙煎なんて面倒臭いことを始めたかというと

当時付き合っていた彼女と夜明けのコーヒーが飲みたいという

大変浮ついた理由が始まりだったんですが、それも今は昔。

残ったのは焙煎技術だけということで、どうかお察し下さい。

以上回想終了。

ちなみに、欠損豆はなんとなくとっておいてあるんですが

味のわからん奴が遊びにきたら「ほーら焙煎したてのコーヒーだよ~」とかいって

飲ませてしまおうかと思っているのは内緒(鬼)。

コーヒー 003

で、上画像がハンドロースターと言われるものですね。

上の方が素焼きのもので、普通に生豆を扱っているお店で買えるものです。

大体、これの広口のものか網の物が置かれてますね。

で、下のやつが「発明工房」さんで扱っている「煎り上手」という焙煎器です。

なんで「発明工房」なんて名前のところがコーヒー豆なんて扱ってんの?というと

この発明品繋がりなんですね。

ハンドロースターは基本的に中の豆をほどよく転がしながらじっくり火を通さなくてはならず

結構コツが必要なんですが、この「煎り上手」は特殊形状により、左右に軽く振るだけで

強火でもムラ無く焙煎できるという優れものなんですね。

個人的には、最上のコーヒーを入れようと思ったら焼き物のロースターを使いますが

「煎り上手」は何より手軽なので、普段はこっちを使いがちです。

コーヒー 008

で、焙煎終了。

焙煎の様子は、台所周りがあまりにも生活感に溢れすぎなのでw割愛。

画像ではもの凄く黒く見えますが、大体フルシティローストとフレンチローストの間くらいです。

コーヒーは苦味派なので、ちょっと深めの焙煎ですね。

自家焙煎のメリットは大きく二つあって、一つは好みの焙煎度の豆をすぐに用意できること。

自分のうちでは、今のところサイフォン式以外のコーヒーは全部入れられるので

これは大きなメリットです。

もう一つは価格。

簡単な例を挙げれば、ブルーマウンテンを喫茶店で飲もうとすると

大体千円から千五百円くらいだと思いますが

生豆から自家焙煎して入れると(今はもう少し高いかもしれませんが)二・三百円くらいでしょうか。

もちろんある程度以上の技術は必要ですが、充分手間の元は取れると思います。

コーヒー 009

ドリップを美味しく入れるコツについては前に触れたので割愛。

コーヒー 010

焙煎して時間が経っていない(酸化していない)豆は、挽き立てにお湯を注ぐと

このようにハンバーグのように膨らみます。

これは焙煎豆内に二酸化炭素が残っているかららしいのですが

あまり焙煎したばかりだと、その二酸化炭素のせいでやや味が尖っているので

自分は二・三日置いて、少し味が丸くなったものの方が好みです。

コーヒー 011

というわけでできあがりです(^_^)

そういや、かなり以前にコーヒーについてあれこれの質問を受けたので

知ってる範囲で説明したことがありますが

その際に「しばたやさんってモテるでしょ?」と(男から)聞かれ

モテるだろ?

って男に言われる奴は100パーモテねえもんなんだよ(゚Д゚)


と答えたのも今は昔。

とっぴんぱらりのぷう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アドレスを置いていってなかったとは……
お手数お掛けしてすいません(汗)
そもそもコーヒーを飲めない私にはここまで出来るとすごく格好良く見えます!
まぁでも、男に言われる奴は100パーモテねえもんだと言うのは納得ですよ(笑)
18年、言われ続けてもてたためしがないですから……

re:藤沢澪さま

身の回りは変にコーヒー党が少ないので、微妙に寂しい思いをしてるのも内緒でw
自分好みのコーヒーを普段から飲んでいるので、外のお店は相当美味しいところでないと飲めなくなってしまったというおまけ付き(^_^;)
うちの姉は「男に好かれる男と結婚した方が幸せになれるだろうけどね」と言ってましたね。本当かどうかは知りませんがw

前回お休みに入る時ハンドルとアドレス変えるかも、とおっしゃっていたので、こちらもHPが消えた時にアドレスを消してしまったんですね(^_^;)
アカを消してそのままネット活動から離れてしまう方もおられるので……。
FC2にブログを持っていると、自動的に足跡残るだろーと思ってたんですが、何故か残ってなかったのですよ。
まあなんにしても、またよろしくお願いします(^_^)

初めて生豆見た時にはカビはえてる!と思いました。

生豆ってモノの存在さえも知らなかったころなんですが、単純にコーヒーメーカーに豆をぶち込んで、電源入れたら、コーヒーの出来上がりってモンだと思っていたんですよね。
何がどうなったのか今も謎なんですが、会社のコーヒーメーカーを炎上させた覚えがあります。

そうそう、こんな高い焙煎技術をお持ちのSHIBATAYAさんに申し上げるのもシツレイなんですが、恋人が一生懸命自分のために淹れてくれたコーヒーってだけで、案外、彼女はポ~っとなってるもんらしいです。
そんなわけで例え欠損豆であろうと「美味しいv」とか言っちゃってるかもしれないです。もしくはコーヒーが苦手な彼女だったりしたら、胃を壊す前にミルクをどばどば入れてあげちゃって下さい。

あ、でもコーヒーって、ブラックの方が胃には優しいんでしたっけ?

re:真守さま 

なんということを…(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル。マジレスすると、多分水タンクが空だったのでは…。
要するに空焚きですね。それくらいしか炎上しようがない機械だと思います(^_^;)

料理でもそうだと思いますが、美味しい物を飲ませたいという情熱があると上達の速度が違いますね。
おヒゲがダンディな方が書かれた、教科書にしていた一冊に「大切な誰かの為に究極の一杯を見つけるのは、究極的な目標の一つかも」とか書かれてて「良いこというじゃねえかこのヒゲΣ(゚Д゚)!」と失礼なことを考えたものですw
結果、お互いスタバ好きだったのに、まったくいかなくなってしまったという…。
しばらくして二人で行ったスタバで、お互い苦笑いを浮かべて無言になったりしましたなぁ←遠い目。

元々消化を良くする効果があるらしいので、何かを食べながらじゃなければミルクや砂糖は入れた方が良いかも。
当時の彼女は「贅沢なコーヒーにミルク砂糖は失礼」みたいなことを言っていましたが、嗜好品ですから、自分の好みで自由に楽しむのが一番だと思います。
礼儀作法をうるさく言うのも野暮ですしね(^_^)

プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。