スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死には至らないが治療法がない病

さて、たまには(多少)真面目な話でもしましょうかね。

基本的に偏見と独善に塗れがちなので、読まれる方は広い心でお願いしますw

でまあ、記事名に関してですが、要は創作活動全般の事ですね。

何本か「お話」を終わらせた後に、ふと気付いたことで、昨日今日思いついたことではないのですが。

特に文筆をやっている方は経験があると思いますが、小説を書くことについて

「(そんな面倒臭い作業)よくできるね」とか

「(えらい漠然と)すごいね」とか言われることがありました。

「別にできることをできるようにやってるんだから、

すごいとかなんとか言われる意味が解らん」


とか思っていたんですが、なんでそう思っていたかと言えば、創作という活動、特に「お話づくり」に関して

特権的なことをやっている意識が欠片もなかった

というのが原因のひとつだと思います。

文学者がいわゆる特権階級であった時代を少なからず引き摺っているのか

特に「お話づくり全般」に関わる方(プロアマに関わらず)にはある種の「傲慢さ」が見えることがあるのに

妙な違和感を覚えることが多々ありました。

確かに、自ら進んでそれをやり、ひとかどの業績を上げることは褒められるべきことでしょう。

それは仕事であり、困難を排して達成されたことで、それに対して自負を抱くのは当たり前のことです。

ですが自分の場合何となくそうしなければいけない気がした

ので書き始めたというのが正直なところで、それほど能動的な理由ではなかったように思います。

こう書くと、もの凄い怪しい人のようですねw まあ変人なのは確かなようですが(^_^;)

書き始めてから今日まで書いてきたという感覚はほとんどないんですね。

正直に言えば書かされてきた感覚が強いと思います。

なにに、というわけではありません。

書き始めて以来ずっと影法師のように追いかけてくる何か

としか今は言いようがないですねw

なんだかますます怪しい話になってきて「こいつ大丈夫か?」と思われそうですが

大丈夫、まったく大丈夫じゃありませんww

いまいち体調が悪く、頭がぼーっとしてる(多分熱がある)ので、明日辺り見返して自爆するかもしれません(>_<)

まあ、たまにはいいですかね(主として自分的に)。

で、話を戻しますが。

そんな感じな上、自分は話を「組み立てる」タイプではなくて「降りてくる」タイプのようで

大体の場合、あるシーンがふと頭の中に出てきて

「なんだろう、この場面?」

「どうしてこんな事になってるんだろう?」

という感じで、物語を追いかけるというか、自分の中で調べるような感じなんですね。

このふと出てきたシーンがシーンだと

前触れもなく天下の往来でいきなり涙ぐむとかいう挙動不審ぶりでw

そのうち捕まるんじゃねえかと(;´・ω・`)本気で心配してたり。

こうして思いついたが最後、形にしてしまわないといつまでもその「何か」に追いかけられることになります。

自分がそうなので、お話を途中で放り出してしまえることが(嫌味ではなく心底)羨ましかったりします。

羨ましくはありますが、基本的な姿勢として、自分は

未完の話は評価しません。

するしないではなく、それ以前の話ということですね。

これは批判してるわけではなく、

ひとつの物語として完結してみないと

「物語」としての評価ができない
ということです。

途中まで読んだ時点での不満は、完結まで読むことで

強烈なカタルシスに変化することもあるわけで。

なので、未完の話を語る時にはほとんど(拙い自分の拙い)技術論になります

あくまで持論ですが「どんな話でも、作り手の頭の中にある時は面白い」

と自分は堅く信じています。

もしも面白くないなら、それは出力に問題があるからで、その出力の部分が技術であると自分は思います。

で、この技術の部分というのは「話をまとめる」というプロセスを重ねることでしか、おそらく身につきません。

「物語」は完結するからこそ「物語」として成立する

くらいは声を大にして主張してもバチは当たらないんじゃないかと思いますが、どうでしょうw

とはいえ、「物語る」という病気から解放されるなら、それはそれで幸せなことだとも思います。

「物語る」ことを日々の仕事にできるなら、さらに結構なことです。

問題は自分のように、この病気にどっぷり冒されながら、ろくでもない形でしか「物語れ」ない人間でしょうね(´・ω・`)

特効薬のない病ではありますが、ある日突然解放されることもあるようですし

いつか自分も解放される日がくるのかもしれませんが……。


日暮れて道遠し。


というわけで、今日も書き逃げ。

↑なんかこれタグにした方が良いような気がしてきましたw



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shibataya

Author:shibataya
人生行き当たってバッタリ。

Twitter
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

オンラインカウンター
FC2掲示板
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。